障害年金の適応範囲

電話している人

障害年金は主に視力や聴覚などの重大な部分に障害を抱えた人や、手足が不自由な人など生活をおくるのが困難な人に対して自給される年金だと思われています。しかし障害年金は身体の機能が不自由な方だけでなく、がんの患者さんに対しても年金を支給してくれる場合があります。主にがんの治療に使われている抗癌剤の副作用などで生じる倦怠感や末梢神経障害などに対しても支給されることがあり、また貧血や下痢などの内部障害でも障害年金は支給される可能性があります。仕事で働いていて定期的に給与を貰っている人でも障害年金は受給でき、それによって給料が下がることや将来受け取る年金が減ってしまうなどのデメリットもないためがん患者の方としてはとてもありがたい制度だといえます。がん患者の方など病気や疾患を抱えている人でも障害年金は支給できるので、遠慮せずに利用しましょう。

がんに対する治療によって伴う内部障害に対して障害年金を受給する際は、条件ををきちんとクリアすることが重要になってきます。一定の症状を満たしていない人が受給申請を行っても申請は拒否されてしまいますし、きちんとした手続きを得なければ受給を受けることはできません。しっかりと条件をクリアするにはまずどのような症状が発生していて、どのように仕事や生活に支障をきたしているのかを詳しくいう必要があります。仕事中の身体の様子や体調などを詳しくメモし、収入の変化や生活の変化なども全て事細かく調べておきましょう。また医師の方にも協力していただき、診断書とこうした体調や疾患の整合性を確認してみましょう。整合性がきちんととれていれば支給を受けるのは比較的簡単ですが、整合性が取れていない場合は支給を受け取るのが難しくなるので注意しましょう。