障害年金の受給資格

書類に記入

障害年金は障害者の方にとってとても重要な年金ですが、受給するためには一定の条件を満たしている必要があります。一定条件の全てを満たしている障害者の方だけが受給することができ、どちらか一つの条件を満たしていない場合でも受給することはできません。まず一つの条件は国民年金に加入していることです。日本に住んでいる人のほとんどはこの国民年金に加入しているので、一般の方ではこの条件を満たしていない人はほぼいません。しかし人によっては国民年金に加入していない人もいるので、一応自分は加入できているのかをしっかり確認しましょう。障害者の方にはこうした国民年金に加入できていないために受給資格が得られず、障害年金を受給できない人も少なくありません。障害者の方の生活を支援してくれる障害年金が受給できるように、国民年金に加入しているかをよく確認しましょう。

障害年金の受給資格は国民年金に加入している以外にもいくつかあります。次の条件は一定の障害状態になっていることです。それぞれの階級によってそれぞれ障害の度合いが定められていて、その状態が維持されている人のみが条件を達成したと見なされます。1級障害は重度の障害者の方を対象としたもので、日常生活に重大な影響を与える障害を持っている人のみが達成したと認定されます。2級障害は身体にちょっとした障害を抱えた人を対象としており、日常生活に何らかの支障をきたす障害を持った人だけが認定されます。そして最後は年金保険料をきちんと支払っていることが条件であり、加入期間の3分の2以上を支払っているか直近1年間支払っていることが条件となります。障害年金を受給する際はこのような条件を全て満たせているか、しっかりと確認してから年金の申請を行ないましょう。