障害年金の受給金額

膝を抱えている女性

障害年金の受給できる額はそれぞれの等級によって差が出てくるため、受給できる額は障害者によって違ってきます。障害基礎年金では1級の方では約98万程まで支給されてることが多く、2級の方では約80万程の支給が受け取ることができます。この金額はあくまで目安であってそれぞれの障害の重さや納付期間によってそれぞれ支給額は違ってきます。また障害厚生年金の場合だと報酬比例の年金額で受給額は大きく変わってくるので、受給を受ける際はどれほどの支給額が受け取れるのか確認しましょう。年金手帳や年金定期便などで年金状況を確認することで障害厚生年金の受給額は簡単に調べることができるので、定期的に確認してみるようにしましょう。障害年金について何かわからないことや疑問などが合った場合は、年金機構などの施設で問い合わせてみるようにしましょう。

障害年金は障害者の方の生活を支えるために支給される年金ですが、障害者の方だけでなく家庭全体の生活を支えることができるように作られています。障害年金の支給額は家族構成などによっても大きく違ってきますし、会社員の方や公務員で働いている方ではさらに多くの支給をもらうことができます。そのため家族を持った後に事故や病気で何らかの障害を持った場合でも生活を維持することができ、幅広い保障範囲があるので老後も安心して生活することができます。さすがに全ての経済的負担をカバーできるほどの制度ではありませんが、長期間の間に必要になる経済負担をある程度軽減することができます。事故や病気によって何らかの障害を抱えてしまった場合は、障害年金を受給することで生活をサポートできるように手続きを行ないましょう。